HOME > 地酒めぐりで街歩き

越後の酒天湯子(しゅてんとうじ)

500円(税込)の酒めぐりチケットで新潟県内全蔵元95銘柄の地酒が味わえます!!
加盟店にて酒めぐりチケット発売中!!月岡温泉オリジナルぐい呑み付
酒めぐり
ぶらさん 酒めぐりマップはこちら

新潟の地酒Q&A

新潟のお酒の特徴は?

酒造りに適した条件「気候・米・水」の三拍子が揃い、さらに日本一の越後杜氏を擁している新潟県。生産料は兵庫の灘、京都の伏見に続く全国第3位を誇ります。新潟の酒はきめが細かく、きれいで上品な味で知られています。新潟県の水の多くは〈軟水〉で、日本酒の仕込み水に最適。すっきりとした飲み口に仕上がります。

新潟の酒米は?

飯米で「良い米」といわれるコシヒカリは大変おいしいことで有名ですが、酒米も「良い米」であれば良い酒が出来やすいのです。

ただ、飯米と酒米は「良い米」の意味が異なり、良い酒米とは粘り気が少なく、大粒で、「こうじ」や酒を造りやすい米のことです。

越後杜氏って?

越後杜氏は現在、約500名を数え、県内はもとより全国の酒蔵で活躍しています。

文化・文政期に関東地方に出稼ぎに行き、西国杜氏の技術を収得、やがて風土に適した関東流を考案し、その勤勉さと技術力により全国的勢力になりました。

その醸し出す酒質は淡麗・マイルドが特徴です。

新潟のお酒のおいしい飲み方は?

まずは基本の冷や酒で、新潟の酒独特の淡麗な味と香りを楽しみます。

次はオン・ザ・ロックにレモンのスライスをのせる飲み方。

今若者にブームなのがサケ・カクテルとグラス一杯の氷に熱燗を注いで飲む燗ロックです。

もちろん、秋口からはお燗が最高ですね。